テヌータ・ルーチェ

テヌータ・
ルーチェの
価値

テヌータ・ルーチェにとって、ワインとはその生産地を最も自然な形で表現するものであり、その地で育てられたブドウの特徴を反映しています。ブドウ畑で奏でる豊かなハーモニーを大切に、ワイナリーに届いてからも細心の注意を払いながら終始丁寧な作業が行われます。細部までこだわるというエステートの理念を映し出すワイン造りです。

リスペクトは、私たちが最も大切に
している価値であり、
ここにすべてが
集約されています。

リスペクト

大地、ブドウ畑、作り手に対するあらゆる形のリスペクトを意味します。人間の知恵と自然の美しさが対話し、大地が表現するものと人が手掛ける土づくりが一体となります。リスペクトは、自然に対する一つ一つの配慮や細部までのこだわりから感じられます。ブドウ畑の作業では、日々の努力、熟練した腕、自然を形にする力を必要とされます。

知恵

知恵を
持つことで
私たちは
進化していきます。

人の知恵は、好奇心と同じように尊重しながらも刺激を与えていくことが大切です。知恵と好奇心とは、目的を達成しても向上心を持ち続けることで、現状に満足することなくその先の新たなる目標に向かうことを意味しています。

美しさとはインスピレーションの源であり、成功への道を切り開いてくれます。

美しさ

自然の美しさは、丁寧に守り続けていかなければなりません。あらゆる形のどんな小さな美しさでも保護し、豊かな自然を作っていかなければならないのです。美しさに囲まれた者は、より深い価値観を手にして表現者となります。美しさとは、心を養う原動力であるからこそ、より良きものを目指すためのインスピレーションを与えてくれます。

人を尊重するとは、その力を集結させ奮起させることです。

ワイン造りとは、真冬のブドウ樹の剪定、一房ずつの丁寧な収穫、発酵過程の管理、丹念な熟成作業、市場に出る前のボトル詰めなど、作り手の全力を傾ける姿勢と日々の努力から成ります。
人を尊重するとは、その力を集結させ奮起させることです。日々、その人々の作業と力を尊重することで、ルーチェの素晴らしさを最大限に引き出すことができます。

私たちは、この大地から歓迎される客人でなければなりません。

大地

私たちはこの世界の主ではなく客人です。だからこそ、その美しさに感謝しこの土地に出会った時よりさらに良い世界を将来に残していかなければなりません。これがブドウ畑でもワイナリーでも私たちが目指す道です。こうした理由から、それぞれの畑ごとに厳選された最適なブドウ樹のみを植樹します。私たちの作業一つ一つは、ルーチェが生まれるこの土地特有の生物多様性を保全していくために行われています。