ルーチェ・ブルネッロの

絶え間ない輝き

収穫
2017
品種
Sangiovese

モンタルチーノの大地と
この地で続く醸造の伝統を
称えるワイン

テヌータ・ルーチェで生まれるブルネッロ

テヌータ・ルーチェの88ヘクタールの
ブドウ畑のうち、11ヘクタールが
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノとして
承認されています。・ここで、ルーチェ・ブルネッロ用の
サンジョヴェーゼが生まれます。1800年
後半にモンタルチーノで誕生し、1980年、
イタリアで初めてDOCGを取得、現在では
Made in Italyの極上ワインを代表する一つと
なっています。・ルーチェ・ブルネッロ・ディ・モンタル
チーノは、生産地の独自性が生み出す偉大
なる最高級ワインの歴史を歩み続けています。

テクニカルシート

ルーチェ・ブルネッロの全ヴィンテージのテクニカルシートを見る
2010
2000
ご覧になりたいテクニカルシートをクリックしてください。

自然豊かな大地とのつながり

ブドウ畑 マドンニーノ.

「マドンニーノ」と呼ばれるブドウ畑で育つサンジョヴェーゼを主に使用しています。ガレストロ質の土壌の成分と日光の当たる角度が理想的であり、力強さと魅惑的な特徴を兼ね備え、ストラクチャと上品さが美しく融合したワインです。

ワイン造りの工程

私たちが積み重ねていく経験

本質の中心に鼓動の鳴る心があります。鼓動が鳴るごとに、心はワインに命を吹き込むための時を刻みます。自然の産物が進化、変化し、ワイン自らの時を刻む場所がテヌータ・ルーチェのワイナリーです。収穫された熟したブドウはそれぞれの区画ごとにワイナリーに届けられます。各工程では、果実の品質を維持するため懸命な作業が行われます。選果後、緩くプレスして土着酵母での発酵を行っていきます。
ワイン造りの工程が終了すると、バリックで休ませ、一週、一ヶ月、一年とゆっくり熟成させていき、ワイン自らのタイミングでその時が訪れるのを待ちます。
自然が与えてくれた恵に感謝をしつつ、ワイナリーで変化していく姿を絶えず観察しながら理解していきます。
待てることこそが、芸術なのです。

ブドウからボトル詰めに至るまで、ワインと共に生きる人々

テヌータ・ルーチェでは、人々は自然に大きな敬意を払いながら、ここでしかない独自の方法で自然の持つ価値を高め、この地域を映し出すワイン造りを行っています。