ルクス・ヴィーティスの

輝く力

収穫
2018
品種
Cabernet Sauvignon, Sangiovese

テヌータ・ルーチェの
テロワールを
独自に表現

稀にみるワイン

ルクス・ヴィーティスの誕生には、長年に
わたり自然を尊重し、注意深く観察しながら
得てきた経験が必要不可欠でした。2004年、
モンタルチーノの混合砂質の土壌に植樹され
たカベルネ・ソーヴィニョンから全てが始ま
ります。ここ何年もの間、このブドウ樹の生
育を観察していく中で、そこで生み出される
ブドウの品質の素晴らしさは驚くべきもので
した。このことが、カベルネ・ソーヴィ
ニョンを通じてテヌータ・ルーチェの
テロワールを表現できる最高級ワインを作ろ
うと決心させたのです。より個性豊かに
仕上げるため、サンジョヴェーゼ種のブドウ
を少量加えています。フランス産オーク材の
新樽で24ヶ月間の長期熟成をすることで、
より一層上品さを際立たせています。2015年
に収穫を迎え、ルクス・ヴィーティスと命名
されました。

テクニカルシート

ルクス・ヴィーティスの全ヴィンテージのテクニカルシートを見る
2010
ご覧になりたいテクニカルシートをクリックしてください。

自然豊かな大地とのつながり

生命を誕生へと導く光

ルクス・ヴィーティスは、テヌータ・ルーチェの中でも
混成砂質の土壌が特徴の3ヘクタールの小さな畑で
育てられるカベルネ・ソーヴィニョンのブドウから
造られます。すべての要素を凝縮した素晴らしく上品な
ワインです。
 少量のサンジョヴェーゼをブレンドすることで、更に
独特な風味を与えます。ごくわずかの生産量に限定され
ます。

ワイン造りの工程

私たちが積み重ねていく経験

本質の中心に鼓動の鳴る心があります。鼓動が鳴るごとに、心はワインに命を吹き込むための時を刻みます。自然の産物が進化、変化し、ワイン自らの時を刻む場所がテヌータ・ルーチェのワイナリーです。収穫された熟したブドウはそれぞれの区画ごとにワイナリーに届けられます。各工程では、果実の品質を維持するため懸命な作業が行われます。選果後、緩くプレスして土着酵母での発酵を行っていきます。
ワイン造りの工程が終了すると、バリックで休ませ、一週、一ヶ月、一年とゆっくり熟成させていき、ワイン自らのタイミングでその時が訪れるのを待ちます。
自然が与えてくれた恵に感謝をしつつ、ワイナリーで変化していく姿を絶えず観察しながら理解していきます。
待てることこそが、芸術なのです。

ブドウからボトル詰めに至るまで、ワインと共に生きる人々

自然への配慮

テヌータ・ルーチェでは、人々は自然に大きな敬意を払いながら、ここでしかない独自の方法で自然の持つ価値を高め、この地域を映し出すワイン造りを行っています。テヌータ・ルーチェで造られるそれぞれのワインが、この地域を多彩に表現しています。
収穫を重ねるごとに培ってきた知識と経験を活かし、自然が必要とする時間と送られてくるシグナルを理解していきます。この地域の持つ唯一無二な価値をより高めていき、それを構成する要素すべてのバランスを守るため、日々努力しています。