ワイナリー

すべての中心に、ワイナリーがある

ワイン造りにおいてリスペクト、丹念な作業、忍耐を必要とする場所

景観とのハーモニー

テヌータ・ルーチェの中心に私たちのワイナリーがあります。ワイナリーは、丘の上に佇む2つの小さな町の麓に建てられました。周りの自然との調和を尊重しながら、ワイン造りのすべての工程を行い、熟成・保存できるよう設計されました。自然の美しさと人の美しさが一体となる場所です。シンプルで機能的でありながらも、暖かみ溢れる空間となっています。私たちが造るワインにとって理想的な住まいです。

ブドウからボトル詰めに至るまで、ワインと共に生きる人々

ワイン造りの工程

テヌータ・ルーチェのワイナリーでは、ブドウからボトル詰めに至るまで、一つの作業からその次の作業へと長い通路を軸にワイン造りの工程が進んでいきます。収穫時になると、熟したブドウはそれぞれの区画で手作業で選別され、中庭の収穫エリアに運ばれます。

生産期間

自然と同じように、ワインにはワインの時間がある。

自然が持つ時間と同じように、ワインの時間も尊重しなければなりません。ふるいの上で更に選別された後、優しくプレスし土着酵母での発酵を行っていきます。ワイン作りの工程が終了するとバリックや樽で休ませ、ワイン自らのタイミングで熟成の時が訪れるのを待ちます。ワインの特色を最大限に引き出すため、待つという過程が最も大切なのです。

ルーチェ・コレクション:歴史を守り続ける場所

ワイナリーでワイン造りの工程を進めていくと、プライベートな空間のルーチェ・コレクションにたどり着きます。

細かな記述がされた貴重な本があふれる古代図書館のように、
ルーチェ・コレクションではルーチェの歴史を語り、
守り続けています。
静寂な心惹かれるプライベートな雰囲気。黄金比で建設され、
調和の取れたこの空間では、収穫ごとのすべての歴史を目にする
ことができます。ワイン自らの時間がすべてを制する場所です。
 ここが、歴史あるテヌータ・ルーチェのワイナリーです。